女医

大腸癌の転移は進行が遅いので早期発見をしましょう

様々な原因で起きる

女性

卵巣がんは様々な原因があります。体の生理現象からなる場合や生活習慣の乱れから発症する場合が存在します。生活習慣は見直すことで予防が出来るので食事の改善や適度な運動をしましょう。

もっと見る

大きくなれば治療

脳

脳動脈瘤は大きさによってはすぐに治療を行いません。経過観察をして、治療が必要になれば治療して行きましょう。脳動脈瘤は高血圧であると悪化すること場合があるので血圧の管理は大切です。

もっと見る

早期発見に努める

ナース

大腸癌の転移で多い場所が肝臓と肺です

大腸癌には、転移が起きやすいのです。大腸癌の転移が起きやすい場所として多いのが肝臓と肺が挙げられます。大腸癌の転移は、他の癌と違い全身への広がりが遅いことが特徴のです。ですから、早期の発見ができれば完治する可能性が極めて高くなります。普通の癌の転移であれば、一箇所見つかれば全身に転移が進行してしまっている場合が多いです。進行が遅いので転移が広がる前に手術での摘出が可能なのです。肝臓は、初期の段階で見つかることが多いので最悪の状況になることは少なくなっています。

大腸癌の転移は早期発見すれば完治します

肝臓の転移では、大腸癌になった約10%の人が転移しています。大腸からの血液は肝臓に流れるので肝臓への転移が多くなります。しかし、この転移は自覚する症状があまりありません。進行した時に起きるのが腹痛の怠さや黄疸が起きます。このような症状がでれば、肝臓への転移を疑いましょう。また、治療方法は外科手術になります。外科手術による切除で回復が見込まれます。肺転移の場合は大腸癌が肝臓に転移し、それが血液の流れにより癌細胞が流れて転移が起こります。肺転移での治療方法には、胸腔鏡手術が行われます。この手術は、体の負担が少ないです。ですから、術後の回復の早さが大きな利点になります。他には、腹膜転移があります。大腸癌の転移は、早期発見をすれば大事には至りません。何か身体に異変があればすぐに病院に行きましょう。そうすれば、早期の回復が期待できます。

検便検査で病気の発見

白衣の人

検便検査は大腸がんの発見に一役買ってくれます。早期発見をすれば、早期の治療が出来るでしょう。便に血が混じっている場合にはすぐに病院に行くことで大変な事態にはなりません。

もっと見る