医者と看護師

大腸癌の転移は進行が遅いので早期発見をしましょう

  1. ホーム
  2. 大きくなれば治療

大きくなれば治療

脳

脳動脈瘤年齢を重ねれば起こりやすい

脳動脈瘤とは、脳の血管が膨らんでしまい弱くなっていることを脳動脈瘤といいます。脳動脈瘤は、年齢を重ねていくと発症しやすくなります。これは、血管が枝分かれする箇所に脳動脈瘤は起こります。発症には、血管の壁の強度と血圧が大きく関係しています。脳動脈瘤の発見の基本は、脳の画像診断で見つけられることが多いです。様々な検査で脳動脈瘤を見ることが出来ます。検査によっては薬を使うことなく検査が可能というメリットがあります。脳動脈瘤はあるが、何も症状が起きないことを無症候性未破裂動脈瘤といいます。この場合、破裂が起きる前に治療を行えます。脳動脈瘤が見つかったら医師と相談し治療を始めるか決めましょう。


経過観察をしながら大きくなれば治療を行う

脳動脈瘤はすべてが破裂するわけではありません。小さな動脈瘤で見つかった場合には、すぐに治療を始めることはありません。経過観察をして大きくなっていけば治療をしていきます。脳動脈瘤の治療には、大きく2つの治療方法があります。これは、患者によって変わります。症状の進行具合などや再発や術後の脳卒中などのリスクも患者によって異なります。治療方法の一つとして、クリッピングという顕微鏡手術があります。これは、動脈瘤の血流を遮断するものです。また、血管内塞栓術は動脈の中に細いチューブを挿入して動脈瘤のある場所まで通過させる手術です。脳動脈瘤は、予防策はありません。脳動脈瘤の診断を受けた人は、タバコや血圧を高くしない努力をしましょう