医者と看護師

大腸癌の転移は進行が遅いので早期発見をしましょう

  1. ホーム
  2. 検便検査で病気の発見

検便検査で病気の発見

白衣の人

検便検査は大腸がんの発見ができる検査です

検便検査は、寄生虫の発見だけではなく大腸がんも見つけることも出来ます。大腸がんは、進行が遅い病気です。ですから、検便検査で早期発見が可能です。大腸がんの特徴として、他の場所に転移することが非常に多いです。大腸がんの発見が遅れれば、転移が進んでいるパターンもあります。定期的な検便検査を行えば、早期発見が出来ます。そして、早期の治療で大事に至ることはないでしょう。

便に血が混じっていることは何らかの病気になっている可能性があります

検便検査には、便潜血検査というものが存在します。これは、簡潔に言えば便に血が混じっていないか調べる検査方法です。便潜血検査で陽性になると大腸がんの疑いがでてきます。なぜならば、大腸が消化器官の端っこの器官なのでこの箇所に異常が起きると便に血が混じってしまうからです。そうして、検査で陽性反応が出るのです。大腸より上の器官であれば、出血していても小腸に吸収されるので大腸がんの可能性が高まります。便に血が混じっていたからといって100%大腸がんということはありません。しかし、血便は身体に何らかの異常をきたしているので病院に行く必要があります。痔などで血便が多い人もそれが原因だと思って放置しておかないでおきましょう。血便はがんや何らかの病気可能性があるということを知っておきましょう。病気は、早く対処するに越したことはないのです。自己判断でがんの初期症状を逃さないようにしましょう。